宅配弁当人気ランキング

ノンカロリーはゼロじゃない!?

コーラ

「ノンカロリー」と表示された商品をよく見ることがありますが、実はこれ、カロリー0ということではないんです。食事表示の法律により、一定の基準を致した食品については「ノンカロリー」や「カロリーオフ」と表示されても良いことになっているのです。

 

 

具体的には、飲料については、100ml当たり5kcal未満で「ノンカロリー」や「カロリーオフ」と表示されることが認められています。また、100ml当たり20kcal未満のものでは、「低カロリー」や「カロリー控えめ」と表示されることが認められています。

 

 

つまり、500ml当たりのカロリーが約50kcalでも「ノンカロリー」、500ml当たりのカロリーが約100kcalでも「低カロリー」と表示することができるのです。

 

 

どちらも低カロリー商品であることには変わり有りませんが、「ノンカロリー」だからと毎日飲み続けるとカロリーがプラスされてしまうので注意が必要です。塵も積もれば・・・・といいますからね(汗)

 

 

これら「ノンカロリー」などの表示は、ジュースや甘いお菓子に多くされていますが、毎日継続して取るのではなく何かのご褒美としてたまに食べることをお勧めします。たまに食べるおやつはいつも以上においしく感じられますしね(^^)

 

 

ジュースや缶ビールについては、そのほとんどが100ml当たりのカロリーが表示されています。ぱっとみて「50kcalだから低いな」と思って飲んでいても、350ml缶であれば3.5倍の175kcal摂取することになるので注意してください。

 

 

もちろん、どうしてもコカ・コーラが飲みたいときに普通のものとノンカロリーで迷った場合、ノンカロリーを選ぶのは良い選択です♪味もほとんど変わらないですしね。